2011年3月7日月曜日

イディオム

即興演奏をはじめ、様々な音楽をひとつの言語としてとらえる考え方はとても興味深い。しかし時間はそこにただ概念として「存在」しているものだ。例えば、動物は生まれると誰からも教えられる事なく呼吸を始める。DNAに組み込まれているプログラムのようなものだ。時間を言語として思考し始めたとき、その瞬間はもう既にそこにはなく、そこにあった形跡だけを認めることしかできない。もしかするとイディオムは、言葉と言葉の間に時間を繋ぎ止めておくことができるタイムマシンなのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿